ゴムボートで釣りを楽しむ|釣り人の心得とは
男女

ゴムボートで釣りを楽しむ|釣り人の心得とは

わいわい盛り上がれる

BBQ

多くのオフィスビルが建てられている大阪ですが、そこから少し離れた場所でバーベキューをすることができます。また、その際に使用する機材を持ち運ぶのは大変なので、レンタルを利用するといいでしょう。多くても月に一度しかバーベキューをしないのであれば、レンタルが経済的です。

もっと読む

湖や海でも大丈夫

釣り道具

最近のゴムボートは素材がゴム以外のものが多いので、膨らまして使うという意味で「インフレータブルボート」と呼ばれたりもします。2003年の船舶免許の大幅な改定で、長さが3m未満、2馬力以下のガソリン船外機、または1.5キロワットのエレキを搭載し、「人身傷害防止」の為の停止装置か保護装置を有するボートであれば、船舶免許なしでも使用できるようになりました。これにより、ゴムボートを利用した釣り人口は年々上昇しています。強い浮力により抜群の安定性があり、船内に多量の水が入ってしまった場合でも、アルミボートのように転覆する可能性が低いのもゴムボートならではの利点の一つです。更に、軽量なので他のボートより速度が出やすい点や、コンパクトに収納できるので持ち運びが楽で、自宅内でも保管できるなども人気の理由でしょう。その一方で、釣り針が刺さった場合に穴が開きやすいことや、波や風の影響を受けやすいので、釣りをする際はこれらの点に特に気をつけてゴムボートを使用しましょう。

手頃な価格で手軽に始められる理由から、日本に限らず海外でも多くの釣り人がゴムボートを利用しています。初心者でも容易に扱うことができるという利点がある一方、ゴムボートで釣りをする上で厳守すべき注意事項があります。まず、ライフジャケットは必ず着用しましょう。船体が小さいゴムボートは転覆やボートからの転落の可能性は大型漁船などと比べるとかなり高いです。次にオールは必ず積み込みましょう。搭載している船外機などのエンジントラブルにより動かなくなった場合に、自力で漕げることから最悪の事態を回避することができます。それと、携帯電話は濡れないようにして必ず携行しましょう。陸上と連絡を取る手段として携帯電話は必須アイテムです。海へ出るときは海上保安庁の118を必ず登録しておきましょう。最後に、船舶免許が必要なゴムボートを使用する場合は、必ず小型船舶操縦免許を携帯しましょう。

野外で食事が楽しめる

バーベキュー

大阪はBBQ施設が豊富であり、混雑を避けて場所が選べます。山や川のほか公園や海などロケーションも多彩です。施設が有料の場合は、機材と食材がセットになった手ぶらプランが選択できます。無料スペースの場合は、セッティングと片付けもセットになったお届けサービスが便利です。

もっと読む

活気のある街

女性たち

大阪で若者が注目する街と言えば堀江です。たくさんのオシャレな雑貨屋や家具屋、そして素敵なカフェが軒を連ねています。デートスポットとしては最適です。仕事終わりに足を運べるようなスポットもあります。

もっと読む

Copyright © 2016 ゴムボートで釣りを楽しむ|釣り人の心得とは All Rights Reserved.